家なき猫

ienakineko.exblog.jp
ブログトップ

衰弱子猫保護!

忙しい3日間だった。
例の無法地帯(N地帯と呼ぶことにする。)で写真の長毛母猫を保護し、衰弱している汚いモップのような長毛子猫を保護した。
母猫は不妊手術とノミダニ駆除・駆虫処理をしてもらう病院へ、子猫はのら子猫をいつも持っていくT病院へ。
T病院はのら子猫の扱いに慣れている。手早く体温を測り、便を調べ、ノミ退治薬をつける・・・

今回はすごかった。さすが死にそうだったことはある。

診察台の上で、薬でノミは飛び跳ねる、ウジは転がって悶えている・・・
スタッフは涼しい顔で飛び跳ねるノミをティッシュで押さえてつぶす、先生もすましてお尻の部分に食い付いているウジにヨーチンをかけて取り・・・

私は黙って冷静に見つめ、と言うより、目の前のあまりの修羅場に言葉を失い・・・
私が余程驚いた顔をしていたのか、先生が「ウジは問題ないですから」と。
お腹に虫がいないので不思議だったが、死にそうだとお腹の虫も出て行くんだ。

目薬と飲み薬をもらい預け宅のKさんに預けた。

翌日は都営アパートの目がひどく悪そうな2匹を保護し、やはりT病院へ。
待っている間にKさんから電話で、昨日のノミだらけウジだらけの長毛子猫が何も食べないと。
この2匹の治療が終わったら行くと伝えたが、時間がかかりそうで心配なのでボランティアのHさんに電話して行ってもらった。
Hさんが子猫の体を細かくお湯で拭き、鼻のつまりをとり、ブラッシングして汚れをとり、
すると気持ちよくなったのか子猫が食べるようになったそう。Hさん、感謝!

今日も都営アパートで子猫2匹保護し、病院へ運んだ後、Kさん宅へ行って長毛子猫を見た。
すっかり元気になって遊んだりしていた。2日前の衰弱状態とは全然違い、ふいてもらってきれいになっていた。
d0165461_13533024.jpg

栄養をとればもっときれいな子になるね! 良かった!
[PR]
by ienaki_neko | 2010-07-10 13:56 | 4. TNR活動 | Comments(1)
Commented by ihibou at 2010-07-11 00:11 x
わあ、連携プレーでお見事でしたねえ。よい病院もあるし、ひとまず安心しました。でも大変だったことは伝わってきていますよ。暑い中本当にお疲れ様でした。ってまだまだ続くんですよね。