家なき猫

ienakineko.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

有意義な3日間!

主人が3日間旅行で留守だったので計画的に有意義に過ごせた!

早朝に3ヶ所巡回するのは毎日のことだけど、
夜のN地帯の暗い中をうろつき、周辺と猫達を調査した。(N地帯は都心ですが・・・)

昼間は自宅で子猫と里親希望者とのお見合いに6人こなして子猫を引き渡した。

あと里親会にも参加し、ボランティア会議にも参加した。その夜は子猫を保護する話があったので公園へも行き・・・

時間を気にしなくていいのは非常に楽だ!
[PR]
by ienaki_neko | 2010-08-30 09:24 | 1.里親募集 | Comments(0)

美幸の様子

人にも慣れて甘えるようになった。
だいぶアレルギー患部が小さくなり、だんだんときれいな猫になっていく。 良かった!
d0165461_94358.jpg

[PR]
by ienaki_neko | 2010-08-22 09:05 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(3)

貧血サビ猫天国へ

昨日夕方、ゴンちゃんは、先生とSさんと私に看取られながら天国へ行ってしまった。

貧血だけでなく黄疸も重症で皮膚が異常な黄色だった。
輸血が必要な場合に備えて健康な献血猫も準備し、養生できる預かり宅も確保してケージも設置し、世話をするスケジュールも準備していた。

ゴンちゃんは食欲のある時とない時の波があったので、先生もSさんもゴンちゃんの好きな物、食べ易い物に気を配ってくれていた。

みんな健康な外猫ならばTNR活動も問題ないが・・・またショックで落ち込む・・・
d0165461_21504272.jpg

[PR]
by ienaki_neko | 2010-08-19 21:53 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(1)

貧血サビ猫続報

大人しくて長毛のきれいなサビ猫で、ゴンちゃんと呼ばれている。
先生の話では、ゴンちゃんに投薬しても貧血も黄疸も良くならない。食べる時と食べない時がありムラがある。
貧血が良くならないので輸血が必要とか。

見た目はそんな健康状態が分からないので、今後のTNR活動をどうしたらいいか・・・
輸血するには献血できる健康な猫2匹ぐらい必要かも・・・
ちゃんと食べさせ養生させる預かり宅を探さなくては・・・

難問だ!  だれかSOS!!
[PR]
by ienaki_neko | 2010-08-15 22:08 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(0)

ミケは美幸と名付けた

美幸(みゆき)ちゃんと名付けた。

先生からアレルギーによるもので、伝染性はないと診断いただいた。 虐待ではないのでとホッとした。
2週間効果のある注射をしてもらって様子を見る。少しましになった感じがする。

エイズ・白血病検査は陰性で大人しい子なので元気になったら里親を探そう。

忙しくて写真を撮るのを忘れた。

貧血サビは点滴治療を受けている。この子は人の手からしか食べない時があり、好き嫌いも激しい。

この忙しい最中に、また小さい子猫を保護してしまった!
長毛の子は毛がからんで可哀想。 とうてい野良で生きていくのはムリだ。
[PR]
by ienaki_neko | 2010-08-12 21:37 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(0)

ミケ保護!

今朝はお年寄りが起きて来ない早朝に、ミケの保護に挑戦した。

この家の飼い猫がウロウロして、ミケに威嚇したりするので追い払ったり、
ミケが逃げても辛抱強く餌で呼び、ようやく保護した。

そのままミケを持って、福助のエサ場へ行き、福助達に給餌して食べさせた。

しばらく入院させて治療を受けさせることにする。

とにかく保護できてホッとした。
d0165461_1635541.jpg

先生はケンカ傷ではないと。
[PR]
by ienaki_neko | 2010-08-10 16:38 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(1)

貧血サビ猫!

例のN地帯でサビ猫を保護して病院へ持って行くと、

先生は、子宮蓄膿症で子宮から膿が出ている。ひどい貧血で普通40の値のところが14しかなく、12になると輸血が必要になる。
また、肝臓が悪いのか黄疸で皮膚が黄色くなっている。しかもエイズキャリアと。

しばらく入院させてもらうことにした。

N地帯から保護して来る子は、どの子も栄養状態が悪い・・・
d0165461_7521355.jpg

長毛なのは、N地帯では以前にチンチラを飼っていた人がいて、雑種化したそうだ。
[PR]
by ienaki_neko | 2010-08-09 07:48 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(2)

親切なお年寄り!

例のミケは最初は逃げられてばかりだったが、餌付けしてだいぶ3メートルぐらいは近づけるようになった。
今朝は保護ケージをセットしてミケの様子をうかがっていたら、この家のお婆ちゃんが出てきて、親切にも「近くにいると入らないから」と。

お婆ちゃんがバタバタ出てくるから逃げちゃったじゃないの!
と言えず、そうですねと言って離れると、追いかけて来て、ハイ!とビタミンドリンクをくれた。
有難うございますと早朝からドリンク剤を飲んで、肝心のミケはいったい何処?

早朝はフレンドリーで親切なお年寄りによく話しかけられ、ほっといて欲しいけれど、にこやかに応対している内に猫を取り逃がす。
d0165461_12114442.jpg
泣いているような顔に見える。口元がおかしいのは歯が悪いのか?
早く保護して治療を受けさせたい。
d0165461_1212643.jpg

[PR]
by ienaki_neko | 2010-08-06 12:15 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(1)