家なき猫

ienakineko.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

保護したい子

先週の土曜にTNR活動で亡くなったN地帯から、今日も猫をTNRでZ病院へ運んだ。夕方見に行ってみると手術も終わり元気だったので安心した。

Sさんがガリガリに痩せたミケが胸あたりをケガしていると言って写真を送ってきた。
しゃがんでいるので痩せているのが分からないが、ガリガリだそうだ。
d0165461_2138181.jpg

早く保護したいが警戒心が強そうで時間がかかりそうだ。
明日SさんとN地帯へ行ってみる。
[PR]
by ienaki_neko | 2010-07-31 21:40 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(3)

在りし日の都武

17才で急に亡くなった都武は、頭が良くて優しい子だった。
姫帝が来るまで自分のことを人間だと思っていた。
d0165461_1695822.jpg

             都武 「昨日の鳥さん 来ないね~ 」
             姫帝 「食べたいね~ 」

d0165461_161137.jpg

             都武 「何言ってんの!? 食べ物じゃないよ! 友達だよ! 」
             姫帝 「トモダチ???  おいしそうなトモダチ・・・ 」
[PR]
by ienaki_neko | 2010-07-29 16:17 | 5.姫帝(きてぃ) | Comments(1)

グレムリンだ!

こゆきは大人しそうな弱そうな顔なのに、えらく元気で活発で大変!
ケージの中で出してくれとばかり暴れて、上部から抜け出したり、このア○○○○○○マの折りたたみケージMは子猫に向かないなぁ・・・

しかたなく左手でこゆきを遊ばせ、右手でパソコンを。
こゆきは人の手に容赦なくアタック! 両足キック! 噛み付き! 

この子もグレムリンだ!

去年、炎天下で狭い鳥かごのような物に入れられて喘いでいた子猫2匹を保護し、動物病院で処方してもらった薬で緊張しながら世話していたら、3日後に、えらく元気になって、2段ケージの中で取っ組み合いして暴れまくり、すごい変貌ぶりにグレムとリンと名づけた。その後、2匹一緒にもらってくれる方がいて幸せになっている。
d0165461_2243285.jpg

      もう、降参! 子猫の面倒は大変だ! だれか預かって~!!
[PR]
by ienaki_neko | 2010-07-27 22:47 | 1.里親募集 | Comments(0)

TNR活動で亡くなった猫!

保護した衰弱長毛子猫がいた例のN地帯の情報を最初にくれたSさんから、ガリガリに痩せた6ヶ月位の三毛がいるとか、子猫達が痩せて栄養状態が悪いのでエサを置きに行っていると。

昨日、N地帯から妊娠猫を大手のK動物病院へ運び、4時に引き取る約束で3時55分に受付へ。
すると10分ほど待たされた後、看護師が猫の呼吸が荒くなって・・・と2階へ案内し、
見たら、人工呼吸器マシンをつけられていた。

私は、にゃーにゃ-とよく鳴いてあんなに元気だった猫が信じられず、猫の体をさすりながら、猫はショック状態か貧血かと色々質問して分かった事は、
引き取りに来たので猫を見たら呼吸していなかった。今は自力で呼吸できずマシンで呼吸させている。(脳死というか既に死んでるんだ!)
先生は見てなかった不手際があるので申し訳ないと。

TNR活動で亡くなった猫は初めてなのでショックで落ち込む・・・
栄養状態が良くないと麻酔に耐えられないかもしれないので、しばらくエサやりで栄養状態を良くすることが先決かも・・・
d0165461_843231.jpg

               保護した衰弱長毛子猫は、すっかり元気一杯でよく遊ぶ。
               今まで生きるだけで精一杯で、遊ぶことを知らなかったよう。
[PR]
by ienaki_neko | 2010-07-25 08:50 | 4. TNR活動 | Comments(2)

あんちゃん果敢ない命!

餌場のKさんから、あんちゃんが昨夜10時半頃に交通事故で・・・首の骨が折れて即死だったと。
今朝5時半頃に行った時、あんちゃんはいないなぁと思っていたら・・・
のら猫は短命だけど、あんなきれいな子が1才前で、果敢ない命だった・・・悲しい。
d0165461_8201238.jpg

Kさんの餌場に来る猫達の11匹は避妊手術が終わり、残りはゆきだけなのに用心深くて、てこずっている。
ゆきは子供を失い、兄ちゃんを失い、のら猫の運命って本当に悲しい。
[PR]
by ienaki_neko | 2010-07-23 08:21 | 2. 福助と仲間 | Comments(1)

ゆきの子を保護!

連日、子猫を保護して病院へ運び、大人の猫は避妊手術で別の病院へ運び、引取りの、放しの、子猫を預かり宅へ運びの・・・

一日で現場3ヶ所、病院を3ヶ所、預かり宅2ヵ所、里親募集、エサやり・・・
できるだけ写真を撮っているが、連日だと、どの猫がどれか・・・もう、どの子がどれだか・・・

姫帝 「×○$△#▲・・・!!」
ああ、姫さまも、いらっしゃったんですね・・・


ゆきの子供
d0165461_7111279.jpg

ゆきは6ヶ月か7ヶ月で妊娠して2匹産んだらしい。人間で言うと15、16才で妊娠出産したようなもんで、ゆきは未だ1才になっていない。ゆきを保護できたら里親募集するつもりだったが用心深くて福助より難しい。

1匹は亡くなり、この子は保護できたので里親募集する。
女の子なので「こゆき」と呼ぶことにした。

目の色が青っぽいグレーのような・・・ あの辺の猫はみんなイエロー系の目で、唯一あのオッドアイが・・・ 
父親かも。
[PR]
by ienaki_neko | 2010-07-21 07:14 | 2. 福助と仲間 | Comments(0)

福助現る!

もう福助は私の前には現れないだろうと思いながらも、毎朝、福助の好きなチーズを持って行く。

今朝5時半過ぎに餌場で他の猫達にエサを配膳していたら、サッサッと福助が!
早速、好きなマグロ缶を入れてあげると、美味しそうに食べていた。
そして食後のチーズをあげると美味しそうに。

チーズで捕まったから、もうチーズは嫌かもと思っていたら、シーバデュオのまぐろとチーズのカリカリをあげたら、それも美味しそうに。
あんまり美味しそうに食べるので味見したくなる。

でも食べ終わるとサッサッと帰っていった。
元気ならいいよ! また明日ね!
d0165461_1250352.jpg

         福助 「うーん、うまい! もう一杯おかわり!」
[PR]
by ienaki_neko | 2010-07-16 12:51 | 2. 福助と仲間 | Comments(1)

子猫の速攻里親決定!

連日、保護猫を病院へ搬入、引取りを3ヶ所ぐらい回っている。
昨日の朝も、よく鳴く猫を運んでいたら、緑道で子猫が鳴いている。
捕まえようとしても逃げるので、近くの団地のOさんに電話して来てもらった。
私は病院へ行き、猫を搬入して戻ると、まだOさんが子猫と格闘していた。
急いで家から捕獲器を持ってきて、3人で挟み撃ちで捕まえた。

子猫を別の病院へ運びながら、
こんな大きな声で鳴く子猫はノラではなくて捨てられたのかも。かわいい顔しているし里親募集しようと。

病院へもって行ったら欲しいという人がいて、すぐに里親決定!
こういう風に、どの子も早く決まればね。
[PR]
by ienaki_neko | 2010-07-15 07:17 | 1.里親募集 | Comments(0)

福助ついに保護!

病院へ自転車で運ぶのに宝物を運ぶように、できるだけ揺れないようにしながら、ポロポロ泣けてきた。
劇薬事件から3ヶ月近くになる。
警戒心が強くてなかなか保護できず落ち込むこともあった。
とにかく化膿止めの薬を毎日与えることに神経を使った。
食べに来ない時は「福ちゃ~ん」と呼び回り、帰る時は「バイバイ 福ちゃん、 また、明日ね」と話しかけて距離を縮めていった。

病院の先生から、福助のシッポはだいぶ治ってきて、骨を切る大きな手術は必要ないと聞いて安心した。
血液検査は陰性なので5種のワクチンを接種してもらい、足の裏や歯もみてもらった。
福助に差し入れに行ったら、夜しか食べなくて、昼間は緊張しているのか、おすわりしていると。
d0165461_22441097.jpg

エサ場のKさんと相談して、元の場所へ放し、地域猫として見守っていくことにする。
もう私を見れば逃げるでしょうから、福助との関わりもこれで終わると思うと寂しいが。

           福ちゃん 元気でね!
[PR]
by ienaki_neko | 2010-07-12 22:48 | 2. 福助と仲間 | Comments(4)

衰弱子猫保護!

忙しい3日間だった。
例の無法地帯(N地帯と呼ぶことにする。)で写真の長毛母猫を保護し、衰弱している汚いモップのような長毛子猫を保護した。
母猫は不妊手術とノミダニ駆除・駆虫処理をしてもらう病院へ、子猫はのら子猫をいつも持っていくT病院へ。
T病院はのら子猫の扱いに慣れている。手早く体温を測り、便を調べ、ノミ退治薬をつける・・・

今回はすごかった。さすが死にそうだったことはある。

診察台の上で、薬でノミは飛び跳ねる、ウジは転がって悶えている・・・
スタッフは涼しい顔で飛び跳ねるノミをティッシュで押さえてつぶす、先生もすましてお尻の部分に食い付いているウジにヨーチンをかけて取り・・・

私は黙って冷静に見つめ、と言うより、目の前のあまりの修羅場に言葉を失い・・・
私が余程驚いた顔をしていたのか、先生が「ウジは問題ないですから」と。
お腹に虫がいないので不思議だったが、死にそうだとお腹の虫も出て行くんだ。

目薬と飲み薬をもらい預け宅のKさんに預けた。

翌日は都営アパートの目がひどく悪そうな2匹を保護し、やはりT病院へ。
待っている間にKさんから電話で、昨日のノミだらけウジだらけの長毛子猫が何も食べないと。
この2匹の治療が終わったら行くと伝えたが、時間がかかりそうで心配なのでボランティアのHさんに電話して行ってもらった。
Hさんが子猫の体を細かくお湯で拭き、鼻のつまりをとり、ブラッシングして汚れをとり、
すると気持ちよくなったのか子猫が食べるようになったそう。Hさん、感謝!

今日も都営アパートで子猫2匹保護し、病院へ運んだ後、Kさん宅へ行って長毛子猫を見た。
すっかり元気になって遊んだりしていた。2日前の衰弱状態とは全然違い、ふいてもらってきれいになっていた。
d0165461_13533024.jpg

栄養をとればもっときれいな子になるね! 良かった!
[PR]
by ienaki_neko | 2010-07-10 13:56 | 4. TNR活動 | Comments(1)