家なき猫

ienakineko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:3. 病気・負傷猫( 48 )

失明! 乳飲み子!

預かった当日はT病院は休みで、エコリシン眼軟膏をつけ、翌日に見てもらった。

T院長はいなく、女医先生が「左目はダメみたいですね。右目は分かりません」と。
抗生剤飲み薬を処方してくれ、ネオメドロール眼軟膏をつけるようにと。
荒っぽく吐き捨てるように言われるだろうけど院長に診てもらいたかった ・・・・
d0165461_21065748.jpg

抗生剤飲み薬で下痢になるから、粉ミルクに他病院の整腸剤を入れ、エコリシン眼軟膏などを時間通りに投薬するため、タイムテーブルを作成。
夜中に起きないといけないので、目覚まし時計を2個用意。

目覚ましで夜中に起きたら、タイムテーブルを見て、寝ぼけた頭で考えなくても、ミルクと薬を用意。
d0165461_21171618.jpg
7日目 右目はましになった。

1週間後にT病院へ。
いつもの院長のわめき声が聞こえないので、また院長は不在かと思ったら診てくれた。
イラつかずに冷静に双眼鏡のような器具でのぞいて、左目は角膜に穴が開いている。右目は見えているようだと。
やはりエコリシン眼軟膏を処方してくれた。
「1週間で100g増えたね」と、今まで無かったおだやかさ!
何かいいことあったのか?! まさか不治の病でおだやかになったわけではないでしょうね!!
d0165461_21223873.jpg
9日目 右目は見えているようだ。


自分の親も、ここまで介護をしたことがない。よく里親さんから「仕事ですか? ボランティアですか?」と聞かれる。
ボランティアは休みがなく、仕事よりもハードです!! 過労死しても労災はありません!!

  













[PR]
by ienaki_neko | 2016-10-08 21:49 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(1)

乳飲み子は最後にしてください!

また乳飲み子を頼まれた。
今年は乳飲み子が多すぎる。 もう今年はこれで最後にしてほしい。
5匹兄弟でも、大きい子は230gで、小さい子は、150gと130g!  同じ兄弟でも100gも違う!
d0165461_03563859.jpg
この子は、病院で目が白濁していると言われたらしい。
目薬を3種類も渡してくれたが、副腎皮質ホルモンが入っている軟膏はあまり使いたくない。
d0165461_03570751.jpg
まぶたが赤いので、エコリシン軟膏をつけて様子を見て、病院へ行くことにする。



  





[PR]
by ienaki_neko | 2016-09-29 03:58 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(0)

続4 あちこちで乳飲み子が!!

保健所から乳飲み子が1匹いると知らせが。
産まれて時間が経っているのか、あまり元気がない。81gで育つかどうか ・・・
d0165461_23392999.jpg
ミルクを流し込むように強制給餌してみても、翌日はぐったりしているので
病院で補液・栄養剤を入れてもらった。
いつも補液をする時は、どの子も泣くのに、全く声も出なかったので、もう無理だと覚悟したが。

やはり、力つきたのか亡くなってしまった。
何度も、乳飲み子が亡くなるのを経験しているが、悲しくて本当に気力を失う。






  



[PR]
by ienaki_neko | 2016-06-16 23:41 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(0)

元はどんな顔?

手術跡が痛々しい! まだ糸がついている!
d0165461_02190914.jpg
でも、えらく人なれしてスリスリ。

元はどんな顔だったのかな ・・・

毛が生えそろえば、きれいな顔になるかも。
ビフォー・アフターが楽しみ。






[PR]
by ienaki_neko | 2015-11-22 02:21 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(1)

肛門腺破裂!

いままで多くの保護猫がいたが、肛門腺破裂を初めて知った。

大人♂捨て猫を保護したら、肛門腺が破裂して膿も出て、裂けたようになっているのでK病院で診てもらった。
傷を縫ってくれるのかと思ったが、飲み薬のビクタス抗生剤を10日間分くれて様子をみてくださいと。

硬い便をすると、また裂けたよう。 心配になり、怒鳴られる覚悟でT病院へ。
d0165461_051999.jpg

T院長は、ビクタスはニューキノロン系抗菌剤で使い続けると耐性菌になるから使うなと。
ジェネリック抗生剤を処方してくれた。
T院長は腕はいいが、製薬会社の薬に偏見が強い。

T院長が別の患者を診察しながら苛立って何か喚いていると、受付にいた男性看護師が「もう終わったから、すぐ行くよ」
怒鳴られても友達に言う感じで不思議??

とにかく抗生剤を飲ませ、便が硬くならないように小さじ1杯の牛乳を餌に入れ、数日おきにお湯シャワーで患部を洗浄したら、患部がだんだんと小さくなり、1カ月半かかったが治った! これで里親募集できる!!
[PR]
by ienaki_neko | 2015-02-07 00:14 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(0)

最近のマルくん

他の子の倍は食べて、お腹一杯になったらおねむ z z z z

食欲旺盛だが風邪症状でまぶたが赤い。
様子見と投薬があるので3段ゲージに入っているが一番下で寝るのが好き♪

d0165461_00590825.jpg

狭い場所で慣れているせいか?







[PR]
by ienaki_neko | 2014-05-05 01:01 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(0)

続3 キャリーごと捨て猫!

マルくんはゴハンも食べるようになって落ち着いてきた。

d0165461_02085134.jpg

2段ゲージで上の段にジャンプする時に、後ろ脚に力が入らない感じがあり、運動させた方がいいようなので、ゲージから出して自由にさせている。

機嫌がいいと頭をなでると甘えるが、後ろから足にシャーッ!と、爪をたてられた。
Oさんは足を噛まれ、ジーンズの上からでも歯形が付いていたらしい!


他の猫をシャンプーして、猫部屋でスリッパを脱いで座ってタオルで拭いていると、後ろの方で、パシッ! パシッ!と音がする。

なんだろうと後ろを見ると、マルくんがスリッパに猫パンチをくらわせている!

パンチされたスリッパは飛び跳ねて、マルくんは容赦なくパンチを浴びせる!


なんか人の足にトラウマでもあるのか?

これで少しでもストレス解消になればいいが ・・・






[PR]
by ienaki_neko | 2014-03-25 02:10 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(1)

続2 キャリーごと捨て猫!

Nさんが撫でていてスリスリしていたのが、急に噛まれて右手に深いケガをしたので預かることにした。

情緒不安定なのか、急に怖いことでも思い出したのか?

あまり食べないそうなので、スープ状のもの、香りのいいものとか色々と試してみたが、臭いをかいだだけで食べない!
シリンジでほんの少し栄養スープを飲ませたが、拒否!
人間不信の目で見ている!
d0165461_00352616.jpg
数日して、ようやく少し食べるようになった!

機嫌が良ければケージの中でスリスリして頭もなでれるが、何か思い出したり、興奮すると、泡を吹いたり、急に噛みつくのでは、どう扱えばいい ・・・







[PR]
by ienaki_neko | 2014-03-14 23:28 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(1)

続 末期ガン!

末期ガンのタケちゃんは虹の橋を渡りました。
こんなに突然行くとは思わなかった。 甘えて膝に乗ってきた感触や小柄で華奢な体の感触が残っている。

亡くなる2日前の写真。 食欲もあり、遊んでいた。

d0165461_00361837.jpg

Hさんと、末期にあまり苦しむようなら安楽死もと、話したことがあったが
その日は、ふらふらして横たわり、苦しむこともなく眠るように行ってしまった。

大きな腫瘍があるのは分かっていてセンターから救い出して短い期間だったが、世話をする皆に可愛がられて幸せそうだった。


神様もタケちゃんが本当にいい子なので、センターのガス室での窒息死でなく、本当に幸福な最後をくれたのだと思う。

でも、悲しい ・・・








[PR]
by ienaki_neko | 2014-02-12 00:41 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(0)

末期ガン!

ボランティア仲間のHさんが大田区城南島の愛護センターから引き取ったペルシャ。
城南島の愛護センターは引き取られる子は少なくて、殆ど殺処分されるらしい。

腫瘍の治療のためバリカン刈りしているが、肝臓にも腫瘍が転移して末期癌の状態で治療不能!

d0165461_22475422.jpg
だから捨てられたのか ・・・

世話をしに行くと、甘えてくる本当にいい子なのに! 悲し過ぎる!!









[PR]
by ienaki_neko | 2014-02-06 22:49 | 3. 病気・負傷猫 | Comments(0)