家なき猫

ienakineko.exblog.jp
ブログトップ

猫詐欺 自衛策は?

里親様には以下のような誓約をお願いするのが一般的だ。

   終生愛飼
   不妊去勢手術、ワクチン接種
   身分証の提示
   誓約書をかわす

そして里親様の自宅へ届けて飼育環境を確認する。


しかし、川崎の虐殺事件の廣瀬勝海は誓約書も身分証の提示も写真を撮らせることもさせる。

こういう用意周到の虐殺魔に自衛するにはどうすればいいのか・・・

私は子猫を見学に来られた応募者に雑談しながら、飼っていた猫の事などエピソードを色々と聞いてみる。
子猫を触る時のしぐさや様子や言葉で、どれくらい猫への愛があるのか、その人を判断することにしている。

子猫を見せながら、私は応募者をどういう人なのか面接している。

また「いつ里」の「里親情報」で検索して、その応募者へ譲渡した人がいれば、
メールで問合せてみる。

次々と応募して譲渡を受ける里親はおかしい!


こういう用意周到の虐殺魔にアンケートなど書かせると完璧に書くだろうから、雑談しながら観察して探り、反応を判断するしかない。

やはり直感を磨いていく方法しかないのか・・・・
[PR]
by ienaki_neko | 2011-11-14 00:25 | 1.里親募集 | Comments(1)
Commented by チャチヤママ at 2011-11-15 13:14 x
本当に困ったものですね。弱い者いじめするなど・・猫は喋れないのだから、人間はひどすぎる。あんな可愛い猫を虐待するなんて。